スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

美輪明宏 

以前、「電車の中で化粧とは!?」という記事を書いたけど、
それを思い出すようなことを最近いくつか目にすることがありました。

「女性の品格」坂東眞理子著
という本が最近売れているらしいですが(タイトルが「国家の品格」の二番煎じだよね)、
電車内での化粧など、著者と編集者が最近気になることを話し合ううち、
この企画が生まれたと新聞に書いてありました。

また、最近読んだ本、
「世なおしトークあれこれ」美輪明宏著

これの 「恥」について というコラムの中で、
電車の中で平然と化粧をする女性に、
美輪さんが「こんなところで化粧して恥ずかしくないの?」と聞くと、
「なんで」「わかんない」「何が恥ずかしいの」との受け答え。
それこそが「恥知らず」だと書いてありました。

電車内で平然と化粧するなんて、やっぱり恥ずかしいことだよね。
理解できないよね。
あまりにもそういう人を見かけることが多くなると、
自分が感じるモラルに!?と自信が持てなくなるところでしたよ。
ほっ としたのでした。

実は、私の尊敬する人は、美輪さんなんです。
TV番組「オーラの泉」は見たことがないんだけど、
度肝を抜かれるようなあの黄色い髪と衣装だけど、
20代の頃に美輪さんの著書を読んで以来、
私の尊敬する人となったのです。

子どもが通っていた幼稚園では毎年、講演会があったのですが、
どなたか呼んでほしい講演者の希望はありますか?と先生に聞かれた時に、
「はい、美輪明宏!」と言いたかったのですが、言えませんでした。
回りのお母さん方に エッ(?_?) と思われそうだったし、
ギャラ的にも無理だろうと思ったし。

そういえば、美輪さんってもう70歳を超えてるんだよね。
驚きです!
どうかいつまでも若々しくお元気で。。。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/60-aba15f42

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。