スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ゴール体験 

先日、アシモの個人面談がありました。
先生がプリントを見せてくれたのですが、
それは体育の授業でハンドボールをやったとときの感想が書いてあり、
アシモはこう書いていた。

「チームのみんながゴールできるといいです。」

私はその一文を読んで思いがけず。。。
先生は私の顔を見て不思議そうな表情をしてたけど

学校公開でハンドボールの授業を見たとき、
チームに分かれてゲームをやっていたのだけど、
他のチームリーダーの子はばんばん自分でシュートをして得点しているのに、
同じくリーダーであるアシモは他の子にパスすることが多かった。
そのとき私は、自分でシュートまで持っていきゃあいいのに、なんて思ったが、
そういう思いが少なからず彼にはあったのね。

なんだ、考えてることが母と同じじゃないの と
目頭が熱くなってしまったのだ。

サッカークラブでの子どもたちを見ていて思うのは、
みんながシュート、ゴールできればいいな ということ。
練習のミニゲームでではなく、
交流試合、練習試合、名目は何でもいいが、
他チームとの対戦の緊張感のある場面で
Goal!
自分が1点入れた という体験、喜びを
一度は味わってほしい
というのが私の願い。

後ろのポジションの子にはシュートの場面はほぼない。
大会(公式戦)では難しいが、
練習試合ではいろいろなポジションを経験してチャレンジ、
何かをつかんでほしい。
たった一つのゴールが自信と何かを与えてくれるかもしれない。
ポジションを固定しないこの年代ならそれが出来るのだ。
だから、時には練習試合が必要なのだ と私は思う。

みんなが一度はゴール体験。
サッカー母の願いです。





コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/561-96a14d0f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。