スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暖かい衣類 

日経新聞土曜の朝刊についてくる『日経プラス1』
「寒い冬、どういう重ね着が暖かい?」という記事が載っていました。

人が「寒い」と感じるのは体から熱が奪われるから。
体から逃げる熱を少なくする着こなしが「暖かい」ということになるのだそうで、
センサーを体に張り付け、
そこから逃げる熱の量(放熱量)を調べた実験結果が載っていました。

すべて綿製の肌着やシャツやトレーナーなどの上に+コートの
「ぴったり重ね着5枚」より
肌着+ダウンジャケットの「ゆったり重ね着2枚」の方が
放熱量が少なく暖かいという結果。
何でも重ね着すればいいというものではないらしい。

肌着の上にすぐダウンを着る人はいないと思うけどね ^^;
私はそこでなぜか マリリン・モンローを思い浮かべてしまった。。。

20090121マリリンモンロー

マフラーの実験でも
ぴったり巻くよりもゆったりと巻いた方が暖かいらしい。
要は、体のまわりに多くの空気の層を作った方が
熱を外に逃がしにくいのだそうだ。

冬の衣類といえばセーター。
体の線がわかるぴったり薄手セーターよりも
太い糸で粗く編んだざっくりセーターの方に軍配が上がる。
ざっくりセーターの方が糸と糸の間に空気を閉じ込めることができ、
保温効果が高まるのだそう。

というわけで、
近頃 私は毎日ざっくりセーターを着ています。



コメント

なるほど!超寒がりの私も参考にさせて頂きます。

その新聞記事には載ってなかったのだけど、
フリースとざっくりセーター、
どっちが暖かいんだろう!?
その実験結果も知りたかったashibeです(~_~;)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/400-ddd36c7a

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。