スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読字障害 

1ヶ月ほど前に録画しておいた
NHKスペシャル『病の起源 第4集 読字障害』
というドキュメンタリーを昨日見たのですが。

『読字障害』
そういう障害があることを初めて知りました。
普通に話すことはできるのに、
文字を声に出してスムーズに読むことができないという病気です。

声を出して本を読む場合、
脳の中では、目で見た文字(情報)を音に変換する作業が行われて
声に出して読むことが出来るシステムになっているそうですが、
読字障害の人は
情報を音に変換する仕事を担っている脳の部分がうまく活動されないのだそうです。

日本人の20人に1人は読字障害があるといわれているそうで、
ということは、学校のクラスに1人や2人いても不思議はない! ということに。。。

小学校の国語の授業に音読はつきものですが、
その病気のせいで たどたどしくしか読むことができないで、
先生にもっと練習してきなさい なんて注意されたり。。。
そういう子がもしかするといるのではないかと
心配になったのでした。

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/360-27056914

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。