スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

三者面談 

昨日は中学校の三者面談がありました。
スモモは1年生、進路相談にはまだ早いし、
なんで三者面談???

期末試験の結果を聞いた後、
どういう話の流れからそうなったのかは忘れたけれど、
スモモは、私が勉強 勉強とうるさく言う みたいなことを言ったのだ。

私は驚いた!!!
普段も試験前も 勉強しなさい なんてーことは私は断固言っていない。

普段なら、宿題はあるの?とか 宿題やったの?とか
試験直前なら、テスト勉強するなら早いうちにやりなさいよ とか
(昼間はアシモが家にいないから 一人静かに集中できると思ってね)

私が口に出すのはそれくらい。
それって、勉強、勉強と口うるさく言ってることになるの~!?

先生の前で、言ってる、言ってないと、二人でちょっとした言い争いになりました 

私は愕然としましたよ。 
言葉、表現を発した方と受け取る側で
捉え方にこうも違いがあるとは・・・・・・


スモモの中学校では、定期試験の学習の手引き、計画表があって、
試験前の学習時間や反省などを記録する用紙があるのです。
以前、それを見て、試験前の1日の平均学習時間を知って驚いた私は、

小学生だって 家庭学習は学年×10分 と言われているのよ。
2年生なら20分、4年生なら40分、6年生なら60分。
・・・みたいな小言を言ったことがあって、
そのときのことが彼女の頭にずっとこびりついているのだろうか・・・


母と娘の認識の違いにショックを受けたのでした。
ガガガ~ン 

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/186-27613f2b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。