スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

百人一首 

小学生のまんが百人一首辞典小学生のまんが百人一首辞典
(2005/12)
神作 光一

商品詳細を見る


宮本哲也先生の上級編パズルはないかな~と
本屋で参考書・ドリルの棚をブラブラ探していたら、
おっ    こんな本見つけました。

そうだ!
スモモの中学校で確か百人一首大会があるはず。。。
というわけで買っちゃいました。

本のタイトル ”小学生のまんが百人一首” のとおり、
百首ぜ~んぶマンガ付で歌の意味や解説が載っています。

私は 百人一首 全然知りません。
やったこともないし、学校で習った記憶もないのだけど・・・

で、ぱらぱらページをめくってみると。。。

百首のうち恋の歌が四十三首ともっとも多いのだそうで。

たとえばこれ。

明けぬれば 暮るるものとは 知りながら
なほ恨めしき 朝ぼらけかな


意味さっぱりわかりませ~ん。

で、漫画では男と女が寝巻き姿でこんなセリフをはいている。

男 「あなたにお逢いするようになってから
   夜が明けるのがつらくてたまりません」

女 「まあ またそのようなこと・・・」

男 「でも本当です」

女 「日が暮れれば、またお逢いできますものを」

男 「それはわかっておりますが、
   それでも しばしの別れがうらめしいのですよ」

ひえ~ こんなんが40いくつもあるんかい~!?

昔の人って情熱的 


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/154-fcebbdbc

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。