スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宿題代行!? 

2学期も始まってやれやれと思ったら、こんな記事を発見。
「宿題代行 批判よそ、夏休み最後に依頼」

ヒエ~!!
こんな商売があったんですか!?
需要があるから供給もあるというわけだ。
子どもの宿題をお金を出して外注に出す親・・・。
私にはちょっと理解できないな。

夏休み。
本当は子どもはのんびり好きなことをやったり(それがゲーム三昧だと困るけど
ボッ~としたり、家のお手伝いをしてくれれば それでいいと思うよ。

ただ1学期に学習したことをきれいさっぱり忘れてしまっては困るんで、
漢字だの算数だの宿題が出るんでしょ。
夏休みの思い出  → 絵日記
本を読んでほしい → 読書感想文
好きなことをやりなさい → 自由研究

それと、家庭学習の習慣づけ。

自分でやらなきゃ意味がない。

で、子ども自身、何をやっていいのか、どうやったらいいのかわからないときに、
親がアドバイスしたり ちょこっと手助けしてあげればいいんじゃないの。
低学年の場合、親が係わるというのもまた別な意味があると思うし。

そして先生は、子ども自身がやったか大人がやったか、絶対わかると思うな。

アシモの夏休みの宿題、最後の最後までかかったよ~。
読書感想文が始業式前々々日、
自由研究が始業式前々日、
もちろん私もちらっと手助けしたけれど、
彼にはやっと終わったというささやかな安堵感があったのでは・・・。


コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/125-576ad51b

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。