スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

読書感想文 

夏休みの宿題で一番困るのが 読書感想文。
誰が困るって。。。親が・・・
小学校1,2年生でそれはムリだろ~と思うんだけどね。

感想文を書きやすい本とそうではない本があるから、
まず どんな本を選ぶかがポイントかも。
伝記ものなんかが書きやすいのかもしれない。

私は 読んだ本の記録という意味でちょこっとメモしているのだけど、
ある時、ふと、気が付いた。
書きたい!記録しておきたい と思う本と
そういう気にならない本があるということを。

感想文を書くという目的のために本を読んでいるとしんどい。
書きたい!という気持ちが沸いてきた本について書けばよいのでは。
といっても、それには、日頃よく本を読んでなくてはダメだし。

うちの子どもたちはまず本を読まないからね。
マンガは好きなんだけどね~(ーー;)
マンガの読書感想文というのはどうだ?
いや、ダメだ。
学校が認めてはくれないだろうな。
その前に、子どもたちに反対されるだろう。
案外、子どもは先生の言ったとおりのことをしようとするんだよね。

目的は本を読むことなの?
それとも、自分が感じたこと、
それについて考えを深め、文章で表現すること?
それだったら、元になるものは、本でもマンガでもいいんじゃない!?
と思うんだけど。

ともかく読書感想文。
アシモはさておき(彼は絵本でもよいよ)、
スモモのために、数冊買ってきた。

森 絵都 「DIVE!!」
中沢けい 「楽隊のうさぎ」
夏目漱石 「坊ちゃん」

「坊ちゃん」はお友達の学校の課題図書だと聞いて、マネっこしたの。
たぶん読まないだろうな・・・と思いながらも買ってみた。

ついでに、スモモが好きそうな
「読むだけで運がよくなる77の方法」とういのも加えた。

親が選ぶというのもどうなの?と疑問に思いながらも、
本屋に一緒に行って本人に好きなものを選ばせるという時間もないしで、
まあ、いいか。
彼女が気に入らなければ、自分で買うなり借りるなり何とかするでしょ。

普段はもっぱら図書館通いで、大きな書店に入るのは久しぶり。
あれも読みたい、これも読みたいと選んでいるうちに、
あっという間に時間が過ぎてゆく。

友達が子連れでよく行くという東京駅オアゾの丸善、
ソファやイスに座って読むことができて、お勧めだそう。
今度、行ってみようっと。

コメント

あっという間に8月、毎日宿題やれ~と言って来たけどうるさがられるだけで効力全く無し。。。
もう何も言わないと決めたよ。
そのかわり、ぶざまな事になったら携帯解約を言い渡しました。フフフ、ざまみろ~!

息子も学期中に読書感想文の宿題ありました。正直に言うと親が手伝わないと不可能でしたぁv-41
「坊ちゃん」私は大人になって読み返し、やっと面白さが分かりましたv-237。図書館もいいですけど、本屋さんもいいですよね~v-238

keikoさん、うちも同じです。
宿題はしてるの?と聞いただけで反抗されます。
私も言うのはいっさいやめました。
口を出さないというのも忍耐だね。

ようこさんの息子さんの感想文て、英語では・・・\(◎o◎)/!
「坊ちゃん」ちゃんと読んだことがないので、
実は私が読みたいのでした。(^・^)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/108-92709e46

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。