スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公立校の逆襲 いい学校をつくる! 

公立校の逆襲 いい学校を作る! 公立校の逆襲 いい学校を作る!
藤原 和博 (2004/09/17)
朝日新聞社
この商品の詳細を見る


以前、NHKテレビで
東京都杉並区立和田中学校のドキュメンタリー番組を見て以来、
ずっと気になっていました。
都内初の民間人中学校長、
元リクルート社員 藤原和博校長。

都市部の「子どもを私立校に入れたほうがいい」という傾向。
私も 実際、知人から
「公立に行くよりはましよ」という言葉を聞いたことがある。
こういう風潮に対抗して、「公立校の逆襲」なんてタイトルがつけられたのかな。
逆襲でも批判でもなく、藤原校長が就任してからの施策、
改革実行しようとしたことが書かれています。

校長の人事権
学校のナンバーツー・教頭の仕事
教育委員会を知っていますか?
PTAの役割とは
「公教育はタダ」の嘘
現代版・通知表事情
日本式学力テストの限界

ざっと目次を眺めただけでも、学校に関して知りたいことのオンパレード。
そして、読み終わって、
こんな校長先生がいる学校だったらいいな~と
和田中の生徒がうらやましくなりました。

でも、それには、学校・先生に子どもをお任せ~なんて安易な気持ちではなく、
地域の大人たちがサポーターとなって、
積極的に学校に係わり、学校経営を支え、
子どもたちの未来を拓くことに関心を寄せなくては、
真の「公立校」は誕生しないのだということだ。

藤原校長が入学式で参列している保護者に言うこと。

「テレビやゲームをつけっぱなしにして
 1日3時間以上も見せている家庭のお子さんの学力は、
 本校では保証しかねます。
 テレビ番組は選ばせて見せるようにして下さい。
 テレビの視聴時間よりも、
 勉強と読書を合わせた時間数が勝るようにしてほしいのです。」

そりゃそうでしょ。
私も大きな口をたたけませんが・・・(ーー;)

で、ここまで言わなきゃならないのかなあ、と疑問に感じながら、
ホンネは「ここまで言わさないでよ」だそうです。


藤原校長のよのなかネット
和田中と地域を結ぶページ

コメント

本当よね。やっぱり社会経験のある人の意見も大事なのかも。
行政しっかりして~って感じ。
わずか数年間の間にゆとり教育をはじめたりやめたり、もっと教育に詳しい人がそういうことを決めて欲しい。
でも、今一番必要なのは親の教育の方かも?
私も含まれると思いますが・・・

そうだね~。
お上(行政)がやることにも なんだかな~!?だし、
???と思うような先生、親もいるしね・・・


コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://ashibe2.blog82.fc2.com/tb.php/102-0ad04949

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。