スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜を見たら 

昨日の朝、人から一方的なことを言われて(怒)
会社に行ってもずっ~とイヤ~な気分で仕事してた。

相手に何かを伝えるのに、
ものの言い方、声のトーン、口調で、
受け取る方の印象はずいぶん違ってくる。

私も声が低くて話し方がぶっきらぼうなので、
子どもに「なんで怒ってるの?」ナンテ言われる時がある。
私は別に怒ってないよ~。(>_<)

気をつけよう。
口から出した言葉は大事だ。

最寄の駅から家までの帰り道、
この沈んだ気分を何とかしようと、近くの公園に寄ってみた。
そこは、子どもたちが小さい頃によく遊んだ公園。

冒険に行こうと木々を見て回ったり、
ビオトープの中を覗いて、ウジャウジャいるおたまじゃくしに驚いたり、
芝生の広場ではよく木登りしたり、
まあ、我家の想い出の公園なのです。

久しぶりに行ってみると、
子どもの遊具が変わっていたり、
運動公園の半分がドッグランに工事中だったり。

20070331062512.jpg

そして、桜が満開!
きれいだなぁ。
春っていいなぁ。

偶然、ワンちゃんのお散歩中だった近所のお友達にも会って(嬉)

桜と友達とのオシャベリ、
私の気持ちもスカッと晴れて、家路についたのでした。
パチパチ


スポンサーサイト

卒業文集 

またまた卒業関連の話。

卒業文集に親の一言も載せることになったのです。
「親から子どもへ贈る言葉」
う~ん、難しいなぁ。
先生や他の保護者も読むわけだから、ヘンなことは書けないしなぁ。
考えに考えて、〆切り最終日にようやく提出。

「好きなこと、やりたいこと、自分の夢の種を育ててください」
と書きました。
あなたの好きなこと、やりたいことを見つけてほしい、
夢や希望、目標が見つかったら、
それをいつもイメージして、育て、努力していってほしい。
私の願いです。

そういえば、卒業式の祝辞でPTA会長もおっしゃてたっけ。
イメージしてくださいと。
こんなことをやりたい、こんな人になりたい、
勉強でもスポーツでも、何でも自分の頭の中にイメージを描く。
私、これって、とても大切なことだと思う。

おっと、話がそれた。

でもね、本当は違うの。
そのとき、娘に一番言いたかったことは・・・
「あんまり早く大人にならないで」

これ、
私が大好きなテレビドラマ「ER(救急救命室)」の1シーンのセリフ。
アンソニー・エドワーズ扮する医師マーク・グリーンが
シカゴの屋外スケート場で
久しぶりに会った別居中の娘レイチェルに言った言葉なの。

物覚えの悪い私がずっ~とこのシーン、セリフを覚えているのだから、
その時、よっぽど私の心に響いたのだろう。

あの時のマークの気持ちが、よ~くわかる。

ちなみにマークは、
シーズン?で病気で逝ってしまった(ER降板)けど・・・。
Er7.jpg


そのERもこの1~2年見てないなぁ。
今はER11を放映中だけど、
私は9までしか見てないんじゃないかな。

TVドラマを見ない私だけど、ERだけは楽しみにしてたの。
ずっと録画してたのだけど、
録り貯めたものを見る時間がなくて・・・(>_<)
今はもうあきらめてしまいました~。

話が卒業文集からERになっちゃった。

卒業式の歌 

娘の卒業式が終わって1週間経ちました。
今頃、卒業式のことを書くのも何だけど。。。

卒業式当日。

私はちょっとしたことで目頭が熱くなって、
ウルウルしてしまいました。

卒業式用に買った新しいスーツに着替えた娘の姿を見て・・・。
毎朝、娘と一緒に登校してくれた幼馴染の男の子に話しかけて・・・。

式が始まって6年生が入場。
5年生が楽器演奏する入場曲♪威風堂々♪を聞いて・・・。
PTA会長の素晴らしい祝辞を聞いて・・・。

なんだかわからないけれど、キュンとこみ上げてくるものがあるんだなぁ。
歳かなぁ。

式の中で歌われた曲は、君が代、校歌を除いて3曲でした。
♪さようなら♪と♪旅立ちの日に♪
この2曲は、
私が日頃まったくテレビを見ないせいか知らなくて・・・。
♪旅立ちの日に♪は、
SMAPが出演するCMに流れていると友達から聞きました~。
あ~ん、流行りすたりにホントにうとくってお恥ずかしい~!

最後に歌われたのが、♪仰げば尊し♪
きたきた・・・ウルウルではなくボロボロ・・・
卒業式はやっぱりコレだよね。

  仰げば 尊し 我が師の恩
  教えの庭にも はや幾年(いくとせ)
  思えば いと疾(と)し この年月(としつき)
  今こそ 別れめ いざさらば

  互(たがい)に睦し 日ごろの恩
  別るる後(にち)にも やよ 忘るな
  身を立て 名をあげ やよ 励めよ
  今こそ 別れめ いざさらば

  朝夕 馴(なれ)にし 学びの窓
  蛍の灯火 積む白雪
  忘るる 間(ま)ぞなき ゆく年月
  今こそ 別れめ いざさらば

2番目の歌詞の”身を立て 名をあげ やよ 励めよ”なんて、
今どきちょっとねぇ・・・と古くさい感じではあるけれど、
作詞作曲者不詳のこの曲、メロディは泣かせるなぁ。

ちなみにもう一つの定番、♪蛍の光♪は、
6年生退場のときに5年生がリコーダーで演奏してくれました。

想い出のランドセル 

娘の小学校の卒業式が終わりました。
慌しい毎日だったなぁ(いつものことだけど)(~_~;)

このランドセル、どうしよう?と思っていたら、
かわいいワンちゃんのサイトcharmycocoで知りました。
アフガニスタンの子どもたちにランドセルを贈ろう!

6年間お世話になったランドセル、
捨てるには忍びないし、かといって、しまっておく場所もないし。
さっそく送らせていただきます。
ランドセルの中に未使用の鉛筆やノートも入れておこう。

絵本で泣く 

子どもに絵本を読んであげていて、
自分が泣いてしまったこと、ありますか?

私が初めて絵本で泣いてしまったのが、「スーホーの白い馬」

20070320062605.jpg


娘がまだ幼稚園の頃、いつものように布団の中で読んであげていたら、
私は途中で涙がポロポロ。
でも娘に自分が泣いていることを知られたくなかった私は、
声を詰まらせながらも必死で読み終え、
ふと横にいる娘を見たら、なんとスヤスヤお眠りしてた。

次に私がグッときたのは、「ずーっとずっと大好きだよ」

20070320063525.jpg

これを読んであげたのも娘が幼稚園の頃。

去年の秋、6年生で”平和について考える”というテーマの授業があったとき、
娘とアシモに読んであげた「せかいいちうつくしいぼくの村」

20070321060156.jpg

最後のページで、私は思わず涙が溢れてしまい・・・絶句・・・
アシモはキョトン!?とした顔してたけれど、
君にはまだわからないだろうなぁ。

そして、一昨日・昨日と2日かけてアシモに読んであげたのが「ペニーさん」

20070320062616.jpg

貧乏なおじいさんペニーさんと、一緒に暮らす動物達のお話。
怠け者の動物達のせいで、
お隣さんに賠償金を支払わなくてはならなくなったペニーさん。
しかし、その動物達が・・・。
じーんと目頭が熱くなってしまう心温まるお話です。

私は、子どもに絵本を読んであげる前に下読みしないので、
いつも本の内容を知らずにぶっつけ本番で読んでしまうから、
たま~にこういうことがあるの。
でも、そういう涙を誘うような本でも、2回目を読むときは大丈夫だよ。

八景島シーパラダイス 



うちの子供たちは海の生き物が好きで、水族館にはわりとよく行く。
テレビCMでやっている
横浜・八景島シーパラダイスのシロイルカのショーを娘が見たいと言うので行ってきた。
ウェットスーツを着たトレーナーのお姉さん達と
シロイルカのシンクロショーを
私達は観覧席からブルブル震えながら見ていた。
この日は気温も低く風もピューピュー、ほんとに寒かった。
休日だったから、館内の水槽の前にはどこも人だかり。
じっくりのんびり見るには、水族館はやっぱり平日に行くのがよいなぁ。

私は魚を見るよりも、イルカやオットセイ、アザラシなどの海獣を見るのが好きなの。
アザラシなんてお目目がクリクリしてて、なんてかわいいのかしら。
でも一番見たいのは、実はセイウチ。
2本の牙と硬そうなモジャモジャのひげ。
ずんぐりむっくりしたデカい体でゴロゴロしていて
まるで人のいいオジサンみたい。
なんともいえない愛嬌があって、いくら見ていても見飽きないのです。
でも、私がセイウチが好きなことを知らない家族に
「早く~、次、行くよ」と急かされてしまう。
いつか気の済むまで、ゆっくりじっくり見てみたいわ。
お勧めは鴨川シーワールドのセイウチ。

午後になって日が差してきて、園内の遊園地プレジャーランドへ。
ほとんどのアトラクションが待ち時間なしですぐ乗れて、子どもたちも大喜び。
海の上を駆け巡るようなジェットコースター『サーフコースター』
けっこう怖かったらしい。
私は下から見てただけよ。

20070318071320.jpg

新しいスーパー 




ここら辺は最近、超高層マンションが次々に建設されていて、
その中の一つ、プール、フィットネスクラブ付豪華マンションの一画に、
24時間スーパー「マルエツ」ができました。
場所は自宅から自転車こいで12~3分の所。
新聞の折込チラシで”小麦粉98円”を見た私は、こりゃ行かねば!
(娘がケーキを焼くのが趣味だから、我家は小麦粉とバターの消費量が多いの)
仕事帰りに自転車を走らせると、
なんと小麦粉は売り切れ!ガガ~ン!
だけどお店の人が「商品引換券」なるものをくれて、
今度来店したときに、小麦粉98円で買える券をくれたのです。
その引換券には商品の個数を書く欄がある。
「小麦粉何個必要ですか?」
「えっ、お人様1点限りじゃないんですか?」
「何個でもいいですよ」
「じゃあ3個!」
帰り道、私はルンルン気分で自転車をこいだのでした。

この地域にあるスーパーは大丸ピーコック、
コンビニは右へ行っても左へ行ってもローソンばかり。
別の新しい高層マンションの一角には、大丸ピーコックが入るという。
「またかよ!」
私だけでなく、ここら辺の主婦の一致した気持ちだと思う。
ご近所になぜに同じ店ばかりが出店するのか、
私はずっと不思議だった。
同じ地域に出店するのはマーケットとして顧客獲得にまずいんじゃないの。
するとある人が言っていた。
「その地域内に、たとえばジャスコやヨーカドーなど、
別のスーパーができたらお客さんをとられちゃうから出店するのよ。」
な~るほど。
競争相手を入れないというわけか。
値段が高かろうが品揃えが怠慢だろうがサービスが悪かろうが、
近所にはその店しかないんだから、住民は買わざるを得ないのよね。
この説が本当かウソかどうかはわからないけれど、
私はたいそう納得したのでした。

これからは、両方のチラシをチェックして、
また特売日には自転車走らせるわ~!



シナの五にんきょうだい 



火曜日、1年生の読み聞かせがあった。
今年度、私が読む最後の日。

10分では読めないけれど、
でもどうしても読みたい「シナの五にんきょうだい」と
時間内で読める「ラチとライオン」
20070315061501.jpg

この2冊を鞄に忍ばせて学校へ。

まだ、昼読書の始まる時間前だというのに、
クラスの子どもたちは掃除を早々と終わらせ、
床に座って読み聞かせを待っていてくれている。
ヨッシャ~!!時間がある!「シナ」が読めるわ。
というわけで、「シナの五にんきょうだい」を読むことができました。
子どもたちに私の気持ちが通じたのかしら!?

長いお話を子どもたちは真剣に聞いてくれました。
読み終わったあと、「あ~おもしろかった!」と言う子供の声に、
私もほっと胸をなでおろし、そして嬉しくなった。

「今日はアシモのお母さん?」「なに読むの?」
「どれどれ?」「オレ、知ってる~」
名前も知らない子が声を掛けてくれたり挨拶してくれたり。
始まるときの子どもたちのニコニコした顔。
読み聞かせの最中の子どもたちの真摯なまなざし。

この9ヶ月間、子どもたちにたくさんの幸せをわけてもらった気がする。
ありがとう。

ホワイトデー 




昨日ホワイトデーに旦那が娘に買ってきたGODIVAのチョコ。
娘は値段を聞いて驚きの声をあげ、シアワセそうに食べていた。

アシモはバレンタインデーのお返しに、
2人の女の子のお宅に出向き、手作りクッキーとチョコを手渡した。
そのクッキー、前日に一緒に作ろうと話していたのに、
アシモはお友達の家にさっさと遊びに行っちゃった。
久しぶりに作ったクッキーは自分で言うのもなんだけど、おいしかったよ。
そりゃそうだ、バターをたっぷり使ってあるもんね。
クッキーって大好きなんだけど、作るのは苦手だわ~。
私の性分に合わないの。
材料をこねてまとめて、そこまではいいのだけど、
冷蔵庫で寝かして型抜きするのが面倒なわけ。
もちろん型抜きしないですぐ焼くのもあるけれど、
今回は人様に差し上げるものだから、
ハート型に抜いてチョコを飾って、ちょっぴり手をかけました。
写真を撮っておけばよかったわ~。

接続不良 

あ~よかった~!やっと繋がった!
3日間ほど、プロバイダの接続不良でブログを更新できませんでした。
メールもインターネットも普通に使えて、
他のFC2ブログも見られるのに、
なぜに自分のブログだけが見られないの~???
無情にも「表示できません」の文字が現れるだけ。
ガ~ン!!!
日頃なかなか更新できないくせに、
こんな時に限って、書きたい!更新したい!と強く思うのです。
会社のパソコンでは自分のブログが見られたけれど、
まさか、仕事中にセッセと記事を書くわけにもいかないもんね。
ほんとに困りました~。
今朝になってやっと繋がったけれど、もう時間がない!

急いで朝ご飯の支度をして洗濯しなくちゃ~!

卒業お泊り会 

週末、お友達のお宅で夕食会がありました。
母6人、子ども13人、それぞれが一品持ち寄ってのホームパーティ。
やあ~、賑やか~!テーブルの上も賑やか~!
一品といっても、おかずやらおつまみやらデザートやら、
みんな2品も3品も持ち寄るもんね。
そして、どれもこれも美味しい!
これはどうやって作るの?とみんなにレシピを教えてもらって
私のレパートリーも増えていく。ムフフ。

集まったメンバーは、みんな6年生の子をもつお母さん。
子どもたちがまだ1歳くらいの可愛いベビーの頃、
近くの公園で知り合ったいわゆる公園デビュー仲間です。
子どもたちは同じ幼稚園・小学校に通い、そしてもうすぐ卒業。
一人のお母さんが家を提供してくれて、
母、6年生の兄弟みんな交えて夕食会。
そして6年生の子たちはそのままお泊り会となったわけ。

子どもたちは翌朝4時までオシャベリしていたそう。
何を喋っていたの?と娘に聞くと、一言「学校のこと」。
詳しいことを娘は話してくれなかったけれど、
きっと幼馴染と語り合った楽しい一夜だったんだろうなぁ。
男の子3人、女の子3人、6年生ともなると図体デカイからね~、
いるだけで家の中が狭くなる感じ。
ほんとにそのお家にはご迷惑をかけました!
そして、子どもたちにすてきな思い出を作ってくれて、
どうもありがとう!感謝です。

私がここに引っ越してきたのは、娘が私のお腹にいた頃で、
回りには誰も知っている人はいなかった。
娘が1歳を過ぎた頃、外で遊ばせようと公園デビューして、
子どもたちを遊ばせながら、そのかたわらでのオシャベリが楽しかったな。
旦那への愚痴や子どもの心配事を聞いてもらったり、
私が仕事のある日は子どもを預かってもらったり、
みんなには本当にいろいろ助けてもらった。
母といえどもやはり人間関係のゴタゴタは、
普通どこでもつきものだけど、
ここではそんなことがぜんぜんなくて、
だって、みんな大人で本当にいい人ばかり。
知り合えて本当によかった。

子どもたちは別々の中学へと進み、
なかなか会う機会も少なくなるだろうけど、
いつかまたみんなで集まろう!

絵本の読み聞かせ 

私は去年の6月から子ども達が通う小学校で
絵本の読み聞かせボランティアをしている。
一人のお友達の発案で始まった読み聞かせ、
とうとう今年度最後の月となりました。

教室で子どもたちに読み聞かせをさせていただけないか、
月に1回、いや一学期に1回でもよいから、
学校が了承してくれるといいね~と
まずは1年生の担任の先生に恐る恐る相談したら・・・
なんと、先生は、毎週火曜日、昼読書の時間にお願いしますと。
それ以来、2クラスある1年生のそれぞれの教室で
私達が絵本の読み聞かせをすることになった。

最初は3人だったメンバーが今は8人に増え、
その内の一人が2年生のお子さんのお母さんだったから、
2年生の教室でも本を読ませていただくことになった。
みんな本好きのお母さんばかりだから
自分が本を読む日を楽しみにしている。

昨日は、私が2年生を担当する日でした。
昼読書の時間は10分。
しかもその前はお掃除タイムなので時間通りに始められるとは限らない。
10分の壁!私が読みたい本は10分では読めないものばかり。
子ども達は喜んでくれるだろうかとか季節や行事を考えたり、
本を選ぶ際にいつも悩むのですよ。

で、昨日、読んだ本はこれ。
エルサ・ベスコフ「ペレのあたらしいふく」
20070309063237.jpg

ベスコフの絵本で唯一10分以内で読めるのがこれ。
ベスコフの絵本には森の中の妖精や小人が出てくるお話が多くて
(ペレは出てこないけど)
ファンタジーな世界が好き。
娘が小さい頃によく読んであげたな~。

さて、来週は1年生のクラスで読むんだけど、
何を読もうか、今からまた頭を悩ませるかな。

合羽橋へ行ってきたぞ 




昨日、友達と合羽橋へ行ってきた。
一度行ってみたかったのよね~、合羽橋。
調理道具や食器、製菓用品何でも揃う合羽橋。
念願かなって友達に連れて行ってもらったの。

その友達は合羽橋の達人で、
洋食器ならここ、製菓用品ならここと案内してくれる。
調理道具や食器のお店がズラ~と並んで、
お店の中をのぞいて見て回るだけでも楽しいなぁ。
ちなみに私は、ラッピング用品と製菓材料と白い洋皿2枚、
そしてミトンを買ってきた。
そのミトンに耐熱温度100度とか200度とか書いてある。
いや~、鍋つかみに耐熱温度があるなんて、知らなかったなぁ。
そういや、家でケーキを焼いてオーブンから鉄板を取り出すとき、
うちのミトンだと「アチチッ!」だもんね。
食器も買いたかったけど、懐が寂しかったもんで、それはまた今度。
合羽橋探検第2弾行くぞ~。

今回のもう一つのお楽しみ。
達人が合羽橋に来たら必ず立ち寄ると言うこのお店。
田原町のパン屋さんペリカン
普通のパン屋さんを想像していたら、見事に裏切られ・・・
ここで作っているのは食パン、ロールパン、バンズのみ。
パン生地の味そのもので勝負!というのかな、
パン職人さんの潔さを感じちゃう。
うどんじゃないけどコシがあってむっちりしていて美味しい!
甘い菓子パンも作ったら売れるだろうにと素人はつい思っちゃうけどね。

さて、この日の夕方、雨が降ったのよね。
ということは、朝洗濯して外に干して乾いた洗濯物が・・・
雨で濡れてしまう~。
夜、朝洗ったものを又洗いなおす私なのでした。
トホホ

あそび 




息子アシモはブロックや組み立て系おもちゃが大好き。
幼稚園の頃は、空き箱をつなぎ合わせて大人の背ほどあるロボットを作って、
作品持って帰ってくださいと先生に言われても
どうやって持っていくの~とほとほと困ったことも。

小学生になってからは、すっかりゲームのとりこ。
以前からお姉ちゃんが持っているゲームを借りてちょこちょこやってはいたの。
ところが、アシモは一度もゲーム機が欲しいなんて言っていないのに、
旦那が自分のがないとかわいそうだろうと
誕生日プレゼントに任天堂DSライトを与えたわけです。
私は反対だったのに~!!!
それ以来、ゲーム男となってしまいました~。
ゲーム時間は1日30分とか、
公園やお出かけには持っていかないとか決まり事はあるけどね。

朝学校に行って、下校後は児童館の学童クラブ、
6時過ぎに帰宅してから夜9時に布団に入るまでの時間に、
夕飯、お風呂、宿題、テレビ、そこへさらにゲームが加わったわけ。
幼稚園時代のようにゴロゴロぼっーとしたり、
オモチャで遊んだりすることが少なくなって・・・

久しぶりに家で作ったのが画像のロボット。
思わず写真を撮っちゃった。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。